製薬産業

世界を目指す産業

アフリカを代表する医薬品製造プラットフォーム

60年を超える経験で、モロッコは国際的な医薬品製造のための世界的なデスティネーションであることが証明されています。

生産量では大陸で2位にランク。アフリカへのメインゲートとして、いくつかの多国籍企業がモロッコでの医薬品製造進出を決定しました。

国内需要の65%を賄う医薬品生産。この厳しい規制が、生産の質の向上につながりました。

規制には、医薬品メーカーのモニタリング、市場ポジショニング、薬価設定等が含まれます。

モロッコの製薬業界の鍵となる数値

Mn
年間生産ユニット数
k
雇用人数
BN$
総売上高で
%
産業界GDPのうち

高い現地生産水準とグローバルな展開

モロッコは、米国食品医薬品局や欧州医薬品品質管理局など、医薬品・医療の品質に関する最高水準の国際規格に準拠した、アフリカを代表する医薬品プラットホームの一つです。

世界保健機関(WHO)の分類では、モロッコは「ヨーロッパ」ゾーンに属し、大陸で最も効率的な医薬品生産拠点の一つと考えられています。国産の医薬品は、多くのヨーロッパ諸国、北米、アフリカ、アジア、中東地域へ定期的に輸出されています。

モロッコは今、北アフリカ、西アフリカ、南ヨーロッパ地域の4億人以上の消費者への最良の生産プラットフォームのひとつとなる条件を全て満たしています

モロッコ製品が受けている医薬品認証

モロッコの製薬業界の主な強み

国際的に認められた生産品質

あらゆる治療領域をカバーする豊富な製品群

優秀で費用対効果の高い人的資本

近代的で信頼性の高い生産設備

モロッコの製薬業界の敏捷さを物語るCovid-19の危機

モロッコの製薬業界は、進行中のCovid-19危機において、モハメド6世国王陛下の高い指導のもと、高い信頼性と回復力を発揮しています。

Covid-19によって増大する需要を前に、王国の製薬会社は、必須医薬品の国内供給を確保するための努力を倍増させています。

この戦略的セクターにおけるモロッコのメーカーの敏捷さと先見性のおかげで、特にCovid-19治療プロトコルの一部の成分については、現地製造された医薬品の在庫不足は記録されていません。

Covid-19ワクチンの主要な生産地及び供給地へと向かうモロッコ

2021年7月5日、モロッコにおけるCovid-19ワクチンやその他のワクチンの製造に関連するいくつかの協定の調印式典で、モハメド6世国王陛下が議長を務められました

このプロジェクトは産業とバイオテクノロジーの完全かつ統合的な能力を国にもたらすというロイヤルビジョンの一部となっており、国内およびアフリカ大陸の自給自足生産プラットフォームにつながっています。

この官民パートナーシップは、短期的には月産500万回分の生産能力でスタートし、徐々に増やされる予定となっています。

このプロジェクトには、全体で5億米ドル以上の投資が必要となっています。

医薬品関連産業ビデオ

モロッコ進出済み企業